【ルームシェア】2人暮らしのすすめ①【友達と同居する為のコツは?】

こんばんは!まもちゃです!😺✨

まもちゃとあやちゃは、アラサー女子二人組。
ひょんな事から2人暮らしを始めて、気づいたら三年ほど経過していました!

こちらのブログは、そんな2人による、ルームシェアのコツ
メイク用品2.5次元舞台、楽しかったこと、面白かったこと…
などなどついて、ブログに書いていけたらと思っています。

といわけで今回は、2人暮らしのすすめ。
これからルームシェアを始めたい。という方の参考になれば…✨✨

◆ まずは、自己紹介から。

まもちゃ


タイプ:うお座 A型 スピード型
担当:お絵描き担当

実はあやちゃより、1つお姉さん。
得意な事は、勢いよく行動すること。すぐ忘れること。
苦手な事は、よく物事を調べること。ずっと座っていること。
アパレル店員から、営業事務へ進化。仕事はけっこう好きなタイプ。

あやちゃ

タイプ:しし座 B型 熟考型
担当:調べもの・機械系担当

得意な事は、調べもの、好きなものを見つける事。
スマホがあれば一人で何時間でも人を待てる。
ガジェット系も結構好き。メイク用品も大好き。
あんまり怒らないタイプ。



◆ こんな二人の2人暮らし開始のきっかけ

きっかけは、あやちゃが通勤片道2時間くらいかけて
職場と、当時大好きな舞台にほぼ毎日通っていて、ヘトヘトになっていたこと。
そりゃあ遠いですよ!往復4時間!

当時1人暮らしのまもちゃは、そんなに大変なら、
「うちに泊まってもよいよー。」とあやちゃに申し出たのです。

当時まもちゃはアパレル店員だったので、基本的に、土日休みのあやちゃと、
土日出勤のまもちゃ。生活リズムがかなり違う。適度に一人の時間がある環境。
最初は、そこが良かったのかもしれません。

そうして、一緒にご飯を食べ、一緒に寝て、一緒に笑い…
あっと言う間に一週間経過!

「そろそろ帰るよ💦」と言うあやちゃに対し
「え?どこに?」と、素で言い放ったらしいまもちゃ(あんまり覚えてない)

まもちゃは、結構鈍感力が高いタイプなので、人がいることがあまり気にならないんですね。
家賃もその時は、ほぼほぼ会社もちだった事もあり、「家賃払えーー!」みたいな感覚もなく。

そして、そんなまもちゃの様子を見た、あやちゃは…
当時、家族との関係にめちゃめちゃ悩んでいて(※でも不仲ではない)
精神的に限界が近かった事もあり
「実家より、こちらが私の居場所なのでは…?」と思ったそう。

本来ルームシェアをするのであれば、
最初に、家賃・食費・光熱費等割り振るのが一般的だと思いますが
きっちり割り振ってしまうと、あなたの方が〇時間家に長くいるのにー!とか
水だしっぱなしー!とか変なところが気になってしまうと思うので

最初からあんまり気にしすぎないのも、長続きするコツの内の一つだと思います!

◆ 二人の『最初のうちの取り決め』は?

家賃、光熱費、食費等:だいたい半分ずつ、多めに共有口座に入れる。余ったら遊びに使う!
ご飯担当:あやちゃ(まもちゃは手を出さない)
掃除担当:まもちゃ(まもちゃの家だったので、掃除や家の管理は基本まもちゃ)

ご飯の買い物や、必需品の買い出しなどは基本2人でしていました。
お金の出し方は、それはもう、どんぶり勘定です。(笑)
多めに払ってあげたい。と思ったら、多めに払っていました。

これから二人暮らしを始める方は、
お互いの性格を考えて、きちんと決めたほうが良さそうなパターンか、
まもちゃあやちゃタイプで、決めないほうが揉めなさそうなパターンか、
一度考えてみるとよいかもです!

そこで忘れてはならないのは、
1人暮らしだったら、『家事も家賃も光熱費も全部1人でやらないといけない』と言う事!
私の方がやってる…。相手がやってくれない…。と思うかもしれませんが、
1人だったら、全部1人でやっていて、全部1人で払っているはずなので
やってくれているだけ有難い!と、そこは割り切ってしまったほうがうまくいきます。

その代わり、「これだけはやって欲しい」と思う事があれば、
私がお皿を洗っている間に、お風呂掃除をしておいてね。
それをするまではご飯は食べられないよ!さあ、開始!!
と、なにげなーく指示を出しちゃうのがおすすめです。

1人で悶々と「やってくれない~~」なんて、絶対伝わりませんからね。

というわけで、今回はここまで✨✨
最後までお読みいただきありがとうございました!

【ルームシェア】 2人暮らしのすすめ。②【水道光熱費上がりすぎ!?2人暮らしのデメリット!?】