ルームシェアの部屋について考えよう!お互いの妥協点を探すべき。【 2人暮らしのすすめ。④】

どうもまもちゃです🐤

さてさて、あなたが今、ルームシェアをやりたいと決めた!とします。

次に必要なのは、なんでしょうか?!
二人のお互いの生活・どんな部屋に住みたいか、などなど…

そうです!!相談をしましょう。すり合わせ会議です!!

◆予算は?どんな部屋に住みたい?イメージしよう!

まずは、ざっくりとお互いの希望を出します。
ここは理想で全然OK!!ああでもないこうでもない、楽しいですよね😍

・家賃は安いほうがいいよねー。
・マンションの部屋、1階は女子だし危険かも。2階以上がいいね!
・バストイレは絶対別がいい!
・2人暮らしだから2部屋はあったほうが良いかな?
・部屋の広さは、8畳以上は欲しいよね。
・畳の部屋は絶対いや!フローリングのお部屋がいい!

などなど。

お部屋選びの方向性を決めます!!

例えば、家賃激安希望!!木造アパート、4畳和室でOK!!という人と
家賃が高くても、ウォークインクローゼットつきのモダンな部屋が良い!!という人は
一緒には住めませんよね。

そのあとのインテリア選びにも影響してきてしまいますし…
最初に価値観のすり合わせをして、この価値観が合う人でない場合やめたほうが良いかもしれません。
無理に合わせて生活するのは、無理がありすぎますもんね💦

◆条件のすり合わせには、具体的な数字を!

まずは、ざっくりとお互いの希望を出しました。
なんとなーく、自分たちの理想の部屋のイメージがついてきましたね。

次に…
今度は、もう少し現実的に考えていきます。その為には具体的な数字が必要。

  • 家賃は、毎月いくらが上限?
    (携帯代・水道光熱費等、生活費も含めて考えよう)
  • 通勤時間は何時間までOK?
  • 乗り換えは何回までOK?

 

お互いの希望が完全に合う部屋を見つけるのは難しいので、
ある程度幅をもたせつつ…
家賃の上限どうしても譲れないところを決めていきましょう。

①家賃はいくらが上限?

2人いるので、家賃が10万の部屋でも、1人あたり5万円で住む事ができますね。
1人あたりに換算して、いくらまで出せるか考えておきましょう。

家賃は、『固定費』です。毎月必ず払うお金。
水道光熱費・携帯通信費等、他の固定費の事も考えて、
本当に出せる金額かを確認しましょう。

まもちゃとあやちゃは、安いほうが良い!と思っていました。
7万くらい(一人3万5千円)で良い部屋があればベストだけど、
けど、そこそこインテリアとかも好きだし広くてキレイな部屋が良いなぁ…なんて言いつつ。

結局、通常1人暮らしでも都内では大体8万円くらいはかかる事を考えると、
二人あわせて、12~3万の部屋は許容範囲としました。

まあそれでも、『舞台にいきたい。チケット代(固定費笑)』を考えると…
なるべく安い方が良いんですが…。

②通勤は何時間までいける?

次に、通勤・通学時間について話してみましょう!
まもちゃは、お互いの職場・学校の位置の丁度真ん中くらいの場所に部屋を借りるのが、一番喧嘩にならずに済むと思っています。

勤務開始時刻は同じなはずなのに、一方は早くから急いで準備していて、もう一人は余裕そうに寝ている…
そんな環境だと、もしかしたら喧嘩になっちゃうかもしれないですよね。

片方ばかりが、職場から遠いと、出勤する時間が早く、帰宅は遅くなってしまう。
そんな事がないように、通勤時間は何時間まで許容範囲かお互い決めておきましょう!

まもちゃとあやちゃは、お互い通勤時間1時間の範囲。と決めました。
更に、舞台に通いやすくするため、なるべく都心とアクセスが良いところ!
でも、あんまり職場と家が近いのはいやだ。

これで、部屋を借りる地域が少し絞られてきます。

乗り換えは何回までOKか?

通勤時間は1時間以内でも、乗り換えは5回!なんてなってしまったら
超絶めんどくさいですよね!!
出来たら、よく遊びに行く場所までの距離・乗り換え回数も考えたいです。

・2人がよく遊びにいく場所はどこか?
・職場への道のり、乗り換えは何回?
・路線の混み具合はどうか?

電車の混雑具合、乗り換え回数は、部屋を決める前に絶対確認しておきましょう。

ここまで、話し合ったらいよいよ部屋探し!

・家賃は〇円~〇円まで
・通勤時間は〇時間
・路線・乗り換え回数

この条件をもとに、今どこにどんな物件があるのか?探していきます。
大変な作業ですが、地味に楽しい作業でもあります✨✨

◆WEBサイトを確認して、物件の相場を探ろう。

路線・家賃上限・部屋のイメージがきまっていますから、
インターネットのちからをつかって物件探しを二人でおこないます。

上から条件にあてはまるものを表示していき、
二人で「あり」「なし」を考えていきましょう。

そこで一つ見えてくるものがあります。

絶対譲れない条件が出てくる。

実際に部屋をみていると、この感じは好き!これは嫌!これは許容範囲。が、お互いはっきりしてきます。
希望を全て通そうとすると、家賃が高くなる事もわかってきます。
(※家賃は予算より1万円高い程度であれば、時期によっては値引き交渉できる可能性あり)

◆再度、チェックリストをみて条件の見直しを!

まもちゃ達はこんな感じ。

・家賃は安いほうがいいよねー。安いけど古いは×。12万~13万までは予算。
・部屋は2階以上がいい!
・バストイレは絶対別。
・2人暮らしだから2部屋はあったほうがよいかな?ワンルームでも広くて明るい方が好き。
・8畳以上は欲しいよね
・畳の部屋は絶対いや!綺麗なお部屋がいい!
・始発、急行が止まる等、乗り換え少な目が良い。

絶対譲れない条件がそろいました。

古くても良いよねぇ~なんて話していましたが、実際に写真を見ていると、二人して生理的に無理感が…。
そんな感じで、家賃が高くなっても良いので、バストイレは別、綺麗な部屋重視✨
広くて綺麗な部屋に住めるなら、ワンルームでも全然良い!!
(元々まもちゃハウス@1Kで一緒に生活してたしね。)

と、結構条件が変わってきました。

◆ここまでで、価値観が一緒なら大丈夫かも!

ちなみに、ここまで決めて価値観が近い二人なら、ルームシェアをしても大丈夫な確率は高そう!

もしも、この間に
価値観が違う、相手が協力的でない、乗り気ではない、面倒になった…
などなど、そんな場合は、やめておいた方が良いかもしれませんね。

因みに、あやちゃとまもちゃというと
ノリノリで部屋を探しまくり、あやちゃが「ここは?」と言えば、
まもちゃは「そこにしよう!」と言い…
そんなやり取りを何回も繰り返して、とっても楽しかったです。笑

お部屋って、本当に人によって好みの分かれる部分。
それでいて、大事なお給料を何割と持っていく毎月の大きな出費なので…
妥協するなら、住まない方がマシだと思います!

大好きな友達との生活についてだからこそ、シビアにならないといけないんです😥

そんな一つの壁を乗り越えたところで、
お次は実際に不動産屋さんにいってみましょう!!

不動産編へつづく

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

人気ブログランキングへ