【HiGH&LOW】今更ハイローにハマったので簡単に感想というかパッションを【おっさんずラブから来ました】

どうもこんにちは!あやちゃです。

おっさんずラブに完全に心奪われ、その延長線上で、役者さん達の別のお仕事が気になり、別の作品も見てみようかな…となっている方も多いのではないでしょうか?

私も正にそれで、うっかり「HiGH&LOW」に手を出してしまいました。

いや、絶対ツボじゃん日向紀久(林遣都)…と思って…あの…本当に軽い気持ちでした。今私は、HiGH&LOW ベストアルバムを聴きながら、これを書いています。

自分語りになりますが、わたしアウトロー系というんでしょうか?喧嘩とか暴力とかバイクとか、そういった類に一切興味ないんですよね。何なら苦手で。加えて、LDH系列は本当に未履修も良いところ。どちらというとジャニーズ事務所所属。

今回は、そんな私がとりあえずざっくり、season1とseason2の途中まで、そして映画を三本見た印象?感想?みなぎり?を書いた記事です。

◆あらすじ(超絶ざっくり)

今から少し前、琥珀(コハク)龍也(タツヤ)という仲良し二人組がつくった「ムゲン」というチームがありました。

二人きりだったチームは、気付けばどんどん大きくなり、数えきれないほどの人数に。

そんなさなか、「ムゲン」「雨宮兄弟」という最強兄弟とぶつかりますが、勝負はつかず。

そんな中、龍也(タツヤ)が、車に轢かれそうになった琥珀(コハク)をかばい死んでしまう…

それをきっかけに「ムゲン」は解散。同じ頃、「雨宮兄弟」も街から姿を消しました。

その後、その地域一帯には、五つの勢力が生まれました。

「山王連合会(さんのうれんごうかい)」
「White Rascals(ホワイトラスカルズ)」
「鬼邪高校(おやこうこう)」
「RUDE BOYS(ルードボーイズ)」
「達磨一家(だるまいっか)」

そして、その地域一帯は各チームの頭文字を取ってSWORD地区(スウォードちく)」と呼ばれるようになります。

◆濃いキャラの個性が爆発!五つのチーム!

ほんとにそれ以外に言いようがないんですが、この「HiGH&LOW」という物語が爆発的人気になったのは間違いなくこの五つのチームがあったからなんですよね。
オタクでも、そうじゃなくても、なんていうか老若男女が燃える要素が鬼のように詰まっておるのです。
以下ハイロー超絶初心者の各チームと各リーダーたちのざっくりとした印象?とかもろもろを!!!

「山王連合会(さんのうれんごうかい)」

いちばん主人公みのあるチーム!お話はここのチームをメインに進みます。全体的に愛され系おばかの傾向。わんわんみがつよい。トラブル巻き込まれ属性あり。行きつけの洋食屋さんにいるギャルがかわいい。

そんな山王の総長は、コブラ(岩田剛典)!!!

低音ウィスパーボイスでクールにしゃべる。口数は少ない。でも、ハートは熱い!ひゅー!!かっこいい!!
なんかこう、ポーカーフェイスなようで、そうでもないところが可愛い。

普段クールだからこそ、ふとした瞬間に見える感情にアレです。更に過去はムゲンのメンバーであり、その頃は現在より明るくて可愛い印象。
クールなコブラのかわいいところを見たくなったらseason2を見ましょう💕

「White Rascals(ホワイトラスカルズ)」

その名の通り真っ白な服を着ているスカウトのお兄さんたち。「女を守る」チーム。見た目が初見けっこー怖い。けど意外と茶目っ気もあり、なんていうかもう女としては好きになる要素しかない。多分男も惚れる。あとゴールデンボンバーがいる。

そんなラスカルズのリーダーは、ROCKY(ロッキー/黒木啓司)!!!

サングラスで金髪で歯がギラギラしてて怖い😱と思いきや、口を開けば「女を守る」。安定してめちゃめちゃかっこいい。のに、若干天然なところもあり。そしてまさかの●●専。瞳がつぶら。うう好きしかない(><)💘💦

女子供にはマジで優しいけど、自分が認めた男にも優しい。うるせえ馬鹿って言われたいすぎる。結婚を前提に結婚してください!!!
取っ付きにくいビジュアル(当社比)からは想像もつかないですが、絶対誰しも好きになってしまう男です!!!!!

「鬼邪高校(おやこうこう)」

お、親孝行てwwwwwwとまずはひとしきり笑っときましょう。こちらは平均年齢が軒並み20歳overな定時制の生徒がメイン。留年は当たり前で、頭ではなく拳の強さで良い就職先が決まる。
全日制も一応あるけど強さは定時が段違いらしい。そんな全日制にスーパー転校生が…っていうseason2もオヤコーはサイコーです😜✌

そんなオヤコーの頭は、「村山良樹(むらやまよしき)」!!!

 

どこか子供っぽさの残るかわいい顔にバンダナと目の下のクマをトッピング。何を考えてるか分からない飄々とした雰囲気に、軽くてチャラい口調。
気だるいときと、テンションぶち上げのコントラストで心を揺さぶり落としにかかってきます。まじ可愛いけどまじかっこいい。ゆるかっこいいというのか。わからんけど良いものってことだけは分かるぜ!!!

 

あと。やすい挑発にすーぐブチ切れそうな見た目をしているくせに、全くそんなことはなく。意外と冷静。
ちゃんと仲間のことを考えて行動ができるし、信頼してる人相手には自分の手間は惜しまない。お礼とかもちゃんと言える。

 

いや、好きになるじゃん??!!!!

「RUDE BOYS(ルードボーイズ)」

「無名街」というスラム街を守っている。仲間を「家族」と呼び、自分たちの街を侵すものには容赦しない。見てると無性にカーキのファー付きモッズコートを買いたくなる。
スタイリッシュなアクションを決めまくって心を撃ち抜いてきます。召されるような感覚…。風が…騒がしいな…。

 

そんなルードのリーダーは、「スモーキー(窪田正孝)」!!!

 

透明感ありありで妖精のようにすら見える儚げボーイと見せかけて超絶鬼強くてカッコイイを極めたルードの家長。
ふわふわな見た目に反し言動はクール&ドライで、しかも頑固。激おこぷんぷん丸になると黙るタイプ。めちゃめちゃ愛されてるのに自分を大事にしてくれない悪い男。

 

なんだろう、本当に本当に纏う空気感が最高オブ最高すぎて、文字で表現するのが難しい……!!!
とりあえず、誰か彼の咳を止める薬をください……!!!!!!

「達磨一家(だるまいっか)」

ムゲンに恨みつらみを持った者たちが集まったチーム。祭りじゃあ!!!と言わんばかりの赤い法被を着ている。いかつい印象が強い。
チームの統率がめちゃめちゃ取れていて、大人数での連携プレーもお手の物。個々の力はそこそこでも、この連携プレーと、何度転んでも立ち上がる精神力というか底力というか、とにかく最高なのである。

 

そんな達磨の頭は、「日向紀久(ひゅうがのりひさ)」!!!!!

 

かつてムゲンに滅ぼされた「日向会(ひゅうがかい)」の四男。末っ子。手のつけられない暴れん坊のため、刑務所にぶち込まれていた。

色々あって出所できた後は元気よく他のチームに挨拶回り(殴り込み)をしてから、元ムゲンのメンバーであるコブラとヤマトをぶっ飛ばす為に山王を襲撃。

復讐心煮えたぎってても余りオラオラしなくて振る舞いは落ち着いてる、そこに覗く狂気が云々…みたいな、そんかんじです!!!

兎に角この人もまとってる空気感が独特で言葉で説明のつかない…色気?みたいなものがある。すきです。

season1からmovieまでの間にヒゲが生えたり服が派手になったりアメ車のボンネットに乗るようになったりする。かわいい。なんかもう取り敢えずまずは話がわからなくてもいいからseason1の8話か9話から見てもらえれば分かる!!!!!!!!

◆最高とはハイローである。そして新展開へ!?

いま毎日好きなシーン見返したりしてるんですが、まさか自分が…?という感じすぎまして。いまだに、あれ私は一体何を…状態なんですが…。
なんとこんなとりとめもないようなブログを書いている間に公式さんが!!!!!公式さんがあああ!!!!!!!!!

とにもかくにも何が言いたいかっていうとハイロー未履修のかた、是非ぜひぜひ食わず嫌いせず、見るのはどこからでもいいと思うので見てみてください!!!

ほんっっっっっっっっっっっっっっっっっとにオタクと老若男女全人類すきなタイプだと思うので!!!!

それでは、本当にとりとめもないレベルがカンストした記事をお読みくださり有難うございました!あやちゃどした~~m(_ _)m💦💦