【夏イベント2018年】ディズニー夏祭り・パイレーツサマー!全力で楽しむ為のコツ★【持ち物や服装など】

どうも!まもちゃです。

ディズニーランドに行くなら、絶対に押さえておきたい夏のずぶぬれイベント!友達や恋人、家族を誘っていくなら、事前準備もしっかりしていきましょう!
夏のずぶ濡れイベントを楽しむための方法をご紹介しちゃいます!

ディズニー夏祭り2018年はいつから?

開催期間:2018年7月10日(火)~9月2日(日)

 

ディズニーランド夏祭り 9:50 / 11:55 / 14:30
月間スケジュール

 

◇ディズニーシーパイレーツサマーバトル 9:20 / 11:50 / 14:45 ※抽選有り

月間スケジュール

なんと、今年は7月10日から開催です!
人気のあるイベントなので、日程は、夏休みが始まる前のはやい段階で組む事をおすすめします。また、良いところで観たい!と言う方は、ショーの始まる1時間半前には待機をすることをおすすめします。レジャーシートは1時間前から使用可能ですので注意!

ディズニーシーの抽選参加は必須!
公式抽選アプリ

ディズニーランド、ディズニーシーどちらで楽しむ?ずぶ濡れポイントは?

ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、和楽器で夏祭り風にアレンジされたディズニーソングや、「東京ディズニーリゾート35周年”Happiest Celebration!”」のテーマソングに乗せて、お祭り気分を祝祭感とともによりいっそう盛り上げます!

初めての方や、小さいお子様を連れた方は、ディズニーランドがおすすめ

私が初心者の方にディズニーランドの夏祭りをおすすめしたい理由は、

①シンデレラ城前では座って観れる。
②比較的スペースの確保がしやすく混雑を避けやすい。
③ゴンドラからの水噴射、キャストからのホース攻撃中息を止めてれば溺れない!

私が初心者の方や家族連れの方に、ランドの水濡れイベントをおすすめしたい理由は、場所によって濡れ具合をある程度調整できるから!!ちょっと濡れたい。着替えを持っていくのが大変。別に濡れなくてもいいかな?と言う方にもおすすめです!

☆濡れ具合☆
大量に濡れたい方:シンデレラ城前メインステージはかなり濡れます。終わった後、服が絞れます。特に真ん中から←下手側にいる場合、びしょぬれを覚悟してください。目に水が入ってキャストが踊っている姿は見えません。風が右から左へ吹いているので、メインステージでも上手側→端の方が比較的ましです。踊っている姿が観れます。

 

そこそこ濡れたい方:パレードルートにいきましょう。☆印のゴンドラポイントはおすすめ。遠目でシンデレラ城前のメインステージの様子が観れますし、そこから移動してきたゴンドラが目の前で止まるので、とっても近い距離でキャストが観れて、且つホースで水をかけて貰えます。パレードルートの内側の方が比較的濡れます。外側を確保しておけば、キャッキャ!こっちもかけて~!なんて余裕をかましてみていられます。(笑)

パレードルートはショーのあと走って服を買いにいく必要がないので、おすすめ。ショー終わりでも安心してパーク内を楽しむ事が出来ますよ。

 


ガチで濡れたい。発狂したい!そんな方はディズニーシーがおすすめ☠

全部立ち見席。野外ライブのように発狂したい!!!!そんな方には絶対ディズニーシーがおすすめ。
メインステージと、☆で印をつけた広場では、水がかかりすぎて溺れます。船からの大量の放水。キャストからのバケツ攻撃。水しぶきで前が見えなくなる程の水を浴びる事が出来ます!!キャプテン ジャック・スパロウが観たい!!!と言う方は『メインステージ』がおすすめですが、キャラクターを観たい方はメインである必要はありません。本当に水が凄まじすぎて、他のお客さんとも心が一つになります。

個人的に好きなのは、入って左手の☆『リドアイル』。少し低い位置に広場があるので、目の前の船からの放水と、背後からのバケツやホース攻撃で、前後から大量の水しぶき。ここはどこ。私は誰?なにこれ?宗教?っていう気持ちになります。めちゃくちゃ楽しいです。

ただし、こちらを選択する方は、着替えと、タオル、防水対策はしっかりしていきましょう!

安全の為注意事項に目を通しておきましょう!

傘の使用、肩ぐるま、裸足NGです特に靴が濡れるのが嫌な方はビーサンを持っていきましょう!
※水着などでのご鑑賞はできません。
※パーク内のレストルームおよび多機能レストルームを使用しての着替えはご遠慮ください。

めちゃくちゃ濡れますが、傘を使ったり裸足にはなれません。レインコートをもっていきましょう。

おすすめ装備はこちら。

ずぶ濡れ後に、ディズニーで服や靴を買うのも、思い出ですけど、家族全員分買おうとしたら高くつきますよね!しかも荷物が多くなると1日過ごすのもしんどい。そこで、比較的軽装且つ、ずぶ濡れをしのぐ持ち物がこちら!

☆ゴミ袋
45ℓサイズ。薄くて軽い、リュック・鞄・靴なんでも入る。袋の口をキュッとしめてしまえば荷物が濡れない。最強です。最後にぬれた服を入れる事も出来ますしいらなければ捨てられる。ゴミ袋は忘れずに持っていきましょう。

 

☆レインコート
なるべく長めのもの。そして、顔回りが紐で縛れるタイプ・袖口にゴムがついたタイプは良いです。髪の毛がびしょびしょになると水を含んで目や体に向かって垂れていきます。それを防ぐために、顔回りを紐でぎゅーっと絞ってテルテル坊主なると良いです。不審者に見えるので、嫌な人は潔く濡れる事をおすすめします。

 

☆サングラス・ゴーグル
サングラスや、ゴーグルで目を守らないと、ダイレクトに水が目に入ってくるので、ガチで前が見えません。ジャックスパロウもミッキーも見えません。コンタクトは流れでていきます。紛失です。つけまつげ?アイプチ?諦めてください。あなたは生まれたままの顔に戻ります。出来たら、サングラスで目を守る事をおすすめします。それでも水が目に入ってきます。

 

☆短パン・素足
Gパン・デニム。ダメ、絶対。やばいです。ずっと乾きません。途中で冷えてお腹が痛くなります。なるべく乾きやすい服でいきましょう!濡れると気持ち悪いので素足をおすすめします。ちなみにレインコートを着ていてもパンツまで濡れます。そこは覚悟の上で、長ズボンと言う無謀な服装はやめましょう。

防水でない携帯もしまいましょう。皆さん、是非夏のずぶぬれ祭り!楽しんでくださいね。まもちゃでした~!

😺おすすめ記事

【ディズニーランド】プーさんと会える!クリスタルパレス・レストランに行こう!【レストランの予約方法】