【感想・レポ】映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』初日に観に行ってきました!

どうも!まもちゃです。

8月17日(金)公開 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』初日に観劇してまいりました!
初日から大盛況!レイトショーにも関わらず、お席が空いていないくらいびっしりお客さんが入っていました!
客層も様々で、銀魂人気おそるべし!


さっそく観て来た感想などなどを書いていきたいと思います😁

まず、今回の『銀魂2』は、銀魂の濃いキャラクター達の中でも一際存在感のある真選組がメインのお話となる『真選組動乱篇』を中心に進む構成である!というのは登場人物などから事前に分かっていたんですが…まずこの時点で超絶期待大でした。

というのも、初回の新訳紅桜篇はやっぱり、期待半分不安半分で観に行ったんですよね。それが蓋を開けてみれば、アニメ版を初回から正座待機していた私が見ても面白い!!!違和感ない!!!
そんな、まさかの実写化で大当たりを引く事が出来た実写版『銀魂』の第二弾。
中でも万屋と真選組が大好きな私は、紅桜篇の時にすぐ「動乱篇もやりますよね?」と言っていたので、本当に本当に本当に待ちに待った『真選組動乱篇』。
正直期待が大きすぎて、がっかりするんじゃ…?なんて不安もあったんですが…

超絶…!!おもしろかった!!福田雄一監督ありがとう!!🎉✨

上映中の笑い声、鼻をすする音に、終演後の皆さんの笑顔!!!
近くにいた男子二人組が興奮しながら『吉沢亮ばちくそかっけー!ばちくそかっけー!』と叫びまくる声が印象に残りました。笑

あと、前回の売上が全力で反映されてるなって思いました。(作文)

⇒オフィシャルサイト

【銀魂:動乱篇】コミックスは何巻に収録?アニメは何話?

原作をまだ知らない方や、これを機に改めて見直したいわ~✨という方もいらっしゃいますよね!?

コミックスは、第19巻~20巻(第百五十八-百六十八訓)
アニメは、第101~105話

dアニメストア

意外と短い!手に取りやすい!アニメは各種動画サイトでも配信されており、すぐに見る事ができるので、是非!!
かくいう私も、この映画を観た後に、もう一度アニメを一気見しました✨
そしてやっぱり思う事『原作者の空知英秋先生、マジ天才。』テンポが良くて、表情・セリフが印象に残る。キャラクターそれぞれの心の動きが分かりやすくて、これが元になっているからこそ、実写版が面白いんだ!と改めて感じました。

原作リスペクトがあるからこその面白さ。

漫画原作って、いらないオリジナル設定をどんどん入れてきて、しかもビジュアルも中途半端だったり、複数の悪い事が重なって崩壊するイメージがあって。しかも、ギャグ要素・ファンタジー要素が強ければ強いほど生身の人間が演じた時にチープになりやすいというか…。

『銀魂2』の凄いところは、原作のテンポの良さが、損なわれる事なくそのまま映画になっているという事。

本当に…監督から、役者から、原作リスペクトをひしひしと感じました。こんなに安心して観ていられる漫画原作映画が他にあるだろうか!?

そういえば、映画になるにあたって、完全にオリジナルになったところが一点あったんですが、これによって、映画がすっきり纏まって初見でもわかりやすくなっていました。おみごと!こういう、みんなが楽しめるための原作改変は全然ありですね。勉強になる!(?)

役者さん達が凄すぎるシーンしかない。

本当に何より凄いのが、役者さんの迫真の演技。
私の大好きな橋本環奈ちゃんは、相変わらず!!まじで!!ひどい顔!!あんなに可愛らしいお顔を、あそこまでひん曲げられるか!?と全力のひどい顔!そこがいい。それでも可愛いのだからびっくりです。かわいい。

今回、本来の動乱篇とは別のお話である、将ちゃんが絡んでくるお話が入っていましたが、将軍がもう将軍すぎて、本当に驚きました。体つき、声、表情まで将軍かよ…。あっちの方は…足軽…。
さらに桂の女装がイカツイのに美しくて言葉を失いましたし、銀さんの女装がガチムチで気持ち悪いところにときめきました。誰が出てきても、あくまで銀魂のキャラクターとして受け入れられるクオリティの高さ…。

🌀  \✨最後のキャスト解禁✨/  待ち望んだ“重要人物”が、ビジュアルのお披露目と共についに解禁‼️  徳川茂茂= #勝地涼 さん  国の最高位に居るにも関わらず片栗虎からは“将ちゃん”との愛称で呼ばれ、庶民の暮らしを知るためと、片栗虎と共に城下にお忍びで現れるが、その度にトラブルに巻き込まれ、なぜかあられもない姿に…。   勝地涼さんコメント📝 「前作の『銀魂』が面白かったのでどんな役でも出たいと思っていました。なので、監督から連絡をもらった際は“やりたいです”と即答しました。旬君に“将軍役っぽいんだけど”と言ったら、すごいテンションで喜んでくれたのですが、その時点では事の大きさをまだ理解していなくて。漫画を読み、アニメを観た後に、“自分で、大丈夫?”と心配になってしまいました(笑)。なので、とりあえず体を鍛えました。原作ファンの方々の将軍の好きな所が体現出来ているかは分かりませんが、僕なりの将軍をやったつもりです。漫画とアニメの“将ちゃん”を愛している方々には “勝地の将ちゃん”も愛してほしいなと思っています。是非、楽しんでいただけたらと思います」   #銀魂2✌️

A post shared by 映画『銀魂2』公式 (@gintamafilm) on

 

特にお気に入りシーンを抜粋します。

◎トッシーが可愛すぎる!!100点満点!!

土方を演じる柳楽優弥さんが、演じやすかったとおっしゃっていた『トッシー』。あんなにオタクスタイルなのに本当に可愛すぎる…!顔が良すぎる!声が良すぎる!なんだこれトッシー可愛い~~!!ともだえ苦しみながら見ていました😍💕

オタク化した時と、本来の土方さんに戻った時のギャップが凄すぎる。
余談ですが、オタク化した土方さんを見て、銀さんがイライラしてるところが好きすぎて、小栗旬って本当にかっこいいですよね。支離滅裂にもなりますよ!

 

◎沖田総悟のにやり顔が本物すぎる。

それから、沖田総悟役の吉沢亮さん。本当にバチクソかっけぇんですけども、土方さんを陥れた時の邪悪すぎるにやり顔が原作そのもの!!!
原作・アニメの焼きそばパン買ってこいやぁぁぁあああああああ~~~wwwwwwwを思い出しました。

さらに、大好きだったシーン。近藤さんの大ピンチに登場する沖田!の殺陣。
車内での殺陣がばちくそかっけー!シーンなのですが、この時の敵への煮えたぎるような沖田の怒り。狂気すら感じる様、その美しさに息をのむこと間違いなしです。まさに『美の暴力』!!!

あと時系列前後しちゃいますが、沖田の背中を見送る近藤さんが『総悟ーーー!』と叫ぶ時の表情が、切なすぎて素敵すぎて、原作通りすぎて!!中村勘九郎さんの演技に惹き込まれ涙がでました。

 

◎河上万斉の戦闘シーン鬼ヤバい。

銀さんと万斉の戦闘シーンがあるのですが、流石の流石すぎる小栗旬さんに、身のこなしが軽やかすぎる窪田正孝さん!!一瞬たりとも目が離せないくらいの怒涛の殺陣でした。

私、窪田正孝さんの声がめちゃめちゃ好きなんですけど、唇もめちゃめちゃ好きで…サングラスで目元が隠れるからこそ際立つセクシーな唇が最高です。
それにしても、あの身のこなし凄い。でっかいヘッドフォンしてサングラスして重たそうなコート着て、あそこまで動けるなんて信じがたい。でも実際誰よりも高く飛ぶ!って位にアクション決めまくってくれていました。ときめきしかないです。

◎伊東鴨太郎の切なさ。


そして今回、やっぱり一番心が惹かれるのが、動乱篇のキーマンである『伊東鴨太郎役』の三浦春馬さん。三浦さんってこんなに素敵な演技をする方だったんだ!?と改めて人気俳優の実力を感じました。
伊東は一歩間違うと、本当に冷徹で身勝手な『ただの敵』になってしまいそうなのですが、でもそうじゃないんだ!っていうのが魅力なキャラクターなので…その辺りに三浦さんが元々持っている愛され力が合わさって、本当に絶妙な伊東という男になっていたと思います。

伊東の最後のシーンは本当に、三浦春馬さんでなくては出来なかった。じんわり。

まとめ

というわけで。銀魂2!!こんなに楽しく、終始笑えて、感動して涙する映画は久しぶり!!ていうか映画元々あんまり見ないけど!!それでも飽きずに楽しめるって事がまずすごい!!
原作が好きな方も、原作を知らない方も是非一度は見て欲しい作品です✨✨

私達は多分近々またみにいきます。ふふふ。そして、銀魂3も期待しております!!!

まもちゃでした~😺