【物が語るから物語】映画刀剣乱舞~沼にハマる程見え方が変わる映画~【感想】

どうも!まもちゃです😺

まず、刀剣乱舞映画化おめでとうございますー今回の映画はかなりの高評価とのことで、刀剣乱舞ファンとして、めちゃくちゃ嬉しいです✨✨…これでまた知名度がUPしてしまう。凄すぎる…。どこまで行くんだ刀剣乱舞。


さて、今回観に行ったのは、2019年1月18日公開した『映画刀剣乱舞』。
上映開始から、高評価でTwitterもざわついておりました。アプリゲームの『刀剣乱舞』は、非常にストーリーが少ないので…この映画、絶対観ておかねば…!と思い早々に鑑賞してきました。(笑)その感想を書いていきたいと思います。

ちなみに私は、刀剣乱舞というコンテンツをミュージカル中心に、ゲーム・花丸・活撃を少しずつ嗜んでいるタイプの審神者です。偏った知識が入ってしまうかもしれません。ご了承くださいませ~。

面白いのは、映画か?いや、刀剣乱舞の設定ではないか。

まず、今回映画。率直な感想は、『面白い』『ストーリーもわかりやすく非常に纏まっていた』と感じました。題材が『織田信長の本能寺の変』で、手堅い。織田信長が出るだけで、ちょっとでも歴史好きな日本人は、そりゃもうワクワクドキドキ待ったなしじゃないですか!炎の中ボロボロになりながら織田信長を守る森蘭丸がそこにいる。それだけでときめくでしょう?でしょう?

さて、舞台はそんな本能寺の変。京都【本能寺】に滞在していた織田信長を、家臣・明智光秀が謀反を起こし襲撃した事件です。織田信長は、寺に火を放ち自害して果てたとされていますが、明智勢は信長の遺体を見つける事が出来ませんでした。本当に信長が自害をしたのか?生き延びたのではないか?それは今となっては誰のもわからない事です。歴史のロマンというやつですね。。ここに切り込んでいくのが『刀剣乱舞』です。諸説あるとされる、真実が見えないものを、真実をただ静かにも守って来た『物(刀)』が語る物語。そういう話です。

この映画は、『刀剣乱舞』とはなにか、『刀剣男士』とはどういう存在なのか?という事を、『本能寺の変』という題材を使って、初めて見る人にわかりやすいように丁寧に描いた作品だと感じました。だから、刀剣乱舞ってなんだろう?が非常にわかりやすかった。結果、沢山の方から面白いと言われる評価になったと私は思います。

刀剣乱舞の魅力は、「歴史なんてあてにはできない。人間は嘘も多い、記憶違いも多い、自分の都合のよい事ばかりを都合の良いように後世に残す。」だから、過去その瞬間に起きた出来事の真実を知っているのは、実際にそこにあった『物』だけ。ならばその『物』が、人のカタチを得た時、何を語ると思う?興味ない…?という所にあると思っています。
そりゃあ、物が真実を語るなら聞きたいですよ。歴史上の人物が命を落とすその瞬間、その手に握られていた刀が何を語るのか。面白い。何を語って見せてくれるのか気になる。ワクワクする。日本人ならこの設定だけで遺伝子レベルでゾクゾクする。そうじゃないですか?

だからこそ、この映画が高く評価されたのは、『刀剣乱舞』を知らない人にもわかりやすい内容だったからだと思いました。

ストーリーがシンプルなのに奥が深い。まるで絵本のような作品。

ここで勘違いしないで頂きたいのは、私は刀剣乱舞という設定が面白いんだから、どんな映画を作ろうが面白いに決まってるなんて暴言を吐くつもりは全くありません。映画が丁寧に描かれて、わかりやすかった!ここがポイントです。まず、ストーリーの組み立てが良かった。無駄な所はざっくりと切り落としていくシンプルつくり。ただでさえ、派手な衣装に身を包んだ刀剣男士は名前が難しく覚えづらいし、完全に怪人の時間遡行軍は敵なのか味方なのかわかりづらい。時代劇なのにファンタジー要素が強く人によっては世界観についていくのに時間がかかる。
そんな中で、さらにモリモリにストーリーを入れ込んで、各刀剣男士の細かい設定とか、元主との話や逸話とか、感情の話をもっと色々詰め込むことだって出来たけれど、それはしなかった。ストーリーの引き算というのでしょうか?それが良かった。刀剣男士それぞれの感情を敢えて説明のように台詞で語ったりするような蛇足はなくて、役者の表情・演技力でカバーしていました。もしかしたら初見の人には「?」な所もあったと思うけれど、全体的に余計な事は考えず「刀剣乱舞ってこういう設定なんだよ」という所にだけ集中できたところが良かったと思います。

勿論、刀剣乱舞をプレイしている審神者たちには、このストーリーの中に散りばめられた仕掛け・役者さんの細かい演技によって、「この刀は今つらいのだ!可愛そうだ!」とか「ああ、これはあの時のセリフ!」とか「長谷部は機動力が高いから素早く動けるのだ」とか「え?まさかこの設定はゲームで出てきていないけどどういう事?」なんて違う楽しみ方が出来て、奥が深い。

子供の頃に楽しくて大好きだった絵本を、大人になってから読んでみたら「え、これってこういう事だったの?」とぞっとするような。刀の設定を知れば知るほど、刀剣乱舞を知ってれば知っている程また違った見え方がある。そんな楽しさがこの映画にはありました。

序章にすぎないのではないか

そうは言っても、よく訓練された審神者にとっては語りつくされたストーリーと言っても過言ではないのが今回の映画。(だと思う)ので、感想の中には物足りないな?という意見も出てくるのではないかなと思っています。私は、刀剣乱舞の『物が人のカタチを得たことで、心を持ってしまった』この設定がとても好きで、魅力に感じています。だからもっと!!!それぞれの葛藤(例えば、守り刀なのに主を殺さなければいけない、守れなかった等)を深く掘り下げていきたい欲求が強くて…。もっと、不動君がみたいんだぁぁぁ!(舞台のブルーレイを観れば解決します)

だからこそ、きっと映画も第二段があるにではないかと思っています。今回は、刀剣乱舞のご紹介。次はもっと…色々掘り下げたものが出てきたら…いいな。(ちら)

最後に三日月宗近について

「天下五剣」の中でも最も美しいとも評され、「名物中の名物」とも呼び慣わされた『三日月宗近』は、平安時代から現在まで現存する刀として、長い歴史を観て来た刀です。


鈴木拡樹さん演じる三日月宗近は、長い時間『刀』として生き抜いてきた説得力と迫力ある演技で、ずっしりとした重みを感じました。本当に素晴らしかったです。一挙一動三日月宗近としての威厳があり、殺陣も力強い。そんな迫力ある姿ですが、瞳の奥には悲しみと優しさを滲ませた繊細な演技。皆さんが、鈴木拡樹さんの三日月宗近が凄い!というの、わかりました!!


個人的には、もし映画で『刀剣乱舞』良い!と思った新しい審神者さんには、黒羽麻璃央さんが演じるミュージカル刀剣乱舞の三日月宗近も見て欲しいです。(↑リンクの写真を。。。みてほしい…)

お二方とも三日月宗近の表現方法が全然違うんで、感動します。本丸によってこんなに違うんだ…と。でもどちらもちゃんと三日月宗近なんですよね。役者さんってすごい。

黒羽さんの演じる三日月宗近は、重心が高く舞い踊るように刀を振るう、人間からとても大切に扱われて来た「もっとも美しい刀」という印象。柔らかくておとぼけた雰囲気があると思いきや、急に氷のように冷たくキラリと光る刃を見せてくるタイプのおじいちゃんです。

そんなわけで、これからもどんどん盛り上がっていきそうな刀剣乱舞。
時間遡行軍の中に、刀剣男士がいたりして…、これからもっと裏設定が出てきそうで恐怖を感じておりますが、これからも応援していきたいと思います。

次は、刀ミュの新作でしょうか?楽しみ!!それでは、乱文失礼いたしました。まもちゃでした😺